2009年09月01日

公共交通を考える会

090829_1529~02.JPG090829_1514~01.JPG8月29日(土曜日)心泉いなみの会員10名で高岡万葉線の視察に行った。RACDA高岡の会員と合流し案内してもらった、私は万葉線に乗ったのが初めてだったのだが、車窓から眺める高岡は何故か懐かしく思えた。万葉線は、配線になりかけたが平成14年に第三セクターとなり現在では乗客が増え市民の足となって活躍中、終点の越ノ潟駅から富山新港の渡し船に乗った、現在かけ橋の工事中で完成すれば渡し船は用済みとなり廃船となるらしい。情緒がなくなり万葉線の価値もさがるのでは、万葉線に乗って思った、城端線も廃線の危機があると言われているが、皆で利用し残したいものです。
posted by 建築士事務所 at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック